SafariでWeb制作。Webマーケティングにも役立つ開発環境

“iOS標準のブラウザ、Safariですが、一見Webマーケティングとは関係なさそうに思えます。しかし、Web制作の立場からマーケティングに関わっている人にとっては、とても便利な開発ツールが備わっています。有効化の仕方から使い方の例までをご紹介しましょう。

Safariの開発ツールは、デフォルト設定で非表示です。したがって、まずは、ツールバーに開発ツールを表示させましょう。手順は次の通りです。

・最初にツールバーの「Safari」から「環境設定」を選択します。
・「環境設定」画面を表示させたら「詳細(歯車マーク)」を選択します。
・「詳細」メニューの一番下に「メニューバーに”開発メニューを表示”」とあるので、チェックボックスを入れます。

表示させたら早速使ってみましょう。「開発」メニューから選べるお薦め機能の一つ、「レスポンシブル・デザイン・モードにする」を選んでください。すると、タブレット、スマートフォンのレイアウトをPC上に表示することが出来るようになりました。冗談に端末のサイズが、下段にレイアウトが表示されます。パソコン上から確認しながら集客に向いたスマホ、タブレット向けのデザインを作成できるので、とても便利です。

他のブラウザと比べるとSEO対策ツールこそないものの、集客に必須なWebデザインに役立つツールがデフォルトで準備されているのは心強いですよね。上手に使いこなしたいですね。”

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL